25日WSJは、米セールスフォースがSlackの買収協議を開始したと報じた。関係者によれば、協議は早くとも来週までに合意に達する可能性があるとのことだ。買収額は170億ドルを上回る見込みで、成立すれば同社最大の買収となる。報道を受けて、Slackの株価は30%を超える上昇を見せた。

セールスフォースは従来からマイクロソフトを強く意識している。Slackを「フロントエンド」に据え、さらなる法人顧客の獲得とリレーション構築の基軸にしたい考えだ。